パソコン使用による腱鞘炎を防ぐ方法とは?

パソコンを使用していて手首が腱鞘炎になったという経験がある方は多いかもしれませんが、腱鞘炎を防ぐためにはどんな対策が必要でしょうか?

マウスやキーボードの操作は手首や手に負担がかかるため、まずは正しい姿勢で作業するという事ですから、椅子の高さを調整して作業する事が大切ですよ。

肘から手は机の上に乗せて、無理のない力加減で作業するように心がけましょう。

パームレストやリストレストなどのアイテムを導入して、手首を乗せて作業するとキーボードによる段差をなくして手首を水平に保てるため、負担を軽減できるため腱鞘炎予防できますよ。

人間工学に基づいたマウスに変更したり、自分の手に合う周辺機器を選ぶ事が大切です。

時には手を休ませる時間を作り、マッサージして手首の負担を軽減しましょう。

About the Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


You may also like these